2012年 6月

お客様のピザ窯の紹介です。
今年の2月にピザ窯作りの相談を受けたお客様です。
今回作る場所から数年後には移設する予定であることから、耐火モルタル等を使わずに
接着せずに作りたいとのことでした。
 
窯は並形のレンガと平板(300×600×65)を使った2層式です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
耐火モルタルなしでは気密が保たれずに、レンガとレンガの隙間から熱が逃げてしまい
ますのでガラス繊維状のブランケットとよばれる物をレンガとレンガの間に挟んで作りました。
ブランケットは柔らかいのでレンガを載せてもドッシリとは安定しないため、市販の穴あ
きアングルで固定してあります。
 
使用したレンガは
SK32並形
SK32半マス(114×114×65)
SK34 棚板(800×100×60)
SK34 平板(300×600×65)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピザやパンを焼くのに大活躍中だそうです。